おたゆ

時間はあるけど「やる気」と「お金」は無いでござる。妄想大好き。

Flickr貼り付け機能で探せる写真のライセンスと営利目的について

2013_Kautbullinger Post-it Star_Erste Tage_Canon EOS 650D_0019

 

はてなブログは「Flickr貼り付け」機能を利用して、簡単に画像&貼り付けができます。

めちゃくちゃ便利です。

 

Flickr上のCreative Commons画像を検索し、ブログに貼り付けることができます。

編集サイドバーを利用して記事を書く - はてなブログ ヘルプ

 

ただ、使用権利が緩い「Creative Commons」から検索してくれてはいますが、CCと言っても種類が幾つか。

特に「営利目的」が可能かどうかが重要です。

 

creativecommons.jp

 

個人的には、広告やアフィリエイトを貼るのは営利目的じゃないかなぁと思うわけです。

自分の意志でお金を稼ごうとして貼るわけですしね。

 

そう考えると、Creative Commonsを全て一括で検索してしまう、はてなブログの機能はちょっと使いにくいのです。

結局、はてなブログの機能は使わずに、営利目的などでの絞り込み検索ができる別のサイトで探したほうが早いという事態に。

 

www.nairegift.com

 

広告やアフィリエイトを貼るのは営利目的だと考えると、ライセンスを守ってないサイトは意外とありますね。

有名所だと、はてなブログ内ではないですが「Gigazine」でしょうか。

あそこは広告云々というよりは、編集部で正社員を雇ったり収益がどうのこうのと書いているので確実に営利目的ですよね 。

GIGAZINE採用情報

 

それなのに営利目的禁止ライセンスのFlickr写真をバンバン使っててどうなのよと思っちゃいます。

まとめサイトとかもそうだけど、ネットでは、細かいことは気にせずに、やったもの勝ちなのかな。

 

Creative Commonsはクレジットの表記が必要な場合が多いです。

クレジットを普通に書くと、それが文章として認識されてしまうので、ちょっと不便。

写真は記事の先頭に貼ることが多いですが、ブログ記事の概要にクレジットが入っちゃいます。

 

これはFlickr公式の埋め込みタグを使うと、クレジットが画像にオーバーレイ表記されて、文章としては認識されないので、公式のタグが無難ですかね。

ただ、オーバーレイでの表記がクレジット表記扱いになるのかが微妙なのでヘッダ表示もしています。

それでも微妙な感じがするけど、Flickrが用意している機能だからいいのかなと深く考えないことに。

 

無料なのはありがたいですが、それとは引き換えに、色々と守る必要があります。

いつか、そういうのを気にせずに、気軽に使える素材集を買いたいなと思う今日このごろです。