読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたゆ

時間はあるけど「やる気」と「お金」は無いでござる。妄想大好き。

ずっと一緒にいようね。 相棒15 第7話 視聴日記

2016年11月23日

相棒 season 15 第7話「フェイク」

脚本「徳永富彦

 

www.tv-asahi.co.jp

 

みんな馬鹿ね…。

フフフフ…。

高木美奈子(安達祐実)の涙と、怪しい笑いから始まる、悲しい物語。

 

内容が少しわかりにくかったので整理してみます。

今回の話は2つの事が同時に起きていました。

誘拐事件と、美奈子の謎行動です。

 

美奈子がスマホを操作している場面の後に、犯人への協力メールの画面を表示させていました。

これは、視聴者に美奈子が事件と関係していると思わせるための演出でしょうね。

これでみんな騙されたわけです。

でも、美奈子の行動は、事件とは別の事でした。

 

誘拐事件は、捜査費の架空請求で懲戒免職になった元警察官の犯行。

詳しく話されませんでしたが、架空請求をしていた人ということは、身代金目的の犯行でしょう。

金持ちの家を狙ったわけですし。

犯人への協力メールは、前半は広斗の父親、後半は女性警官(小出ミカ)でした。

美奈子は関係ありません。

 

犯人が金持ちの家の子供(広斗)を誘拐しようとした時、偶然、翔太も一緒にいた。

翔太は広斗を助けようとするも、犯人に突き飛ばされて頭を強打。

そのまま帰らぬ人に。

翔太の死は完全に計画外の事故死だったわけです。

 

翔太は母親との2人暮らし。 

シングルマザーです。

そして、闇金にまで手を出していたくらいの貧困。

 

ここで出てくるのが、美奈子の謎行動。

番組内で直接的な表現は避けていましたが、美奈子は売春をしていたんだと思います。

 

電話していたのは売春相手。

「バレたら困るのお互いさまですから。」というセリフから、相手が顔を隠していてもおかしくはない。

家に帰ってくると、滞納していたと思われる給食費2万円を出す。

ゴミの中には出会い系のポケットティッシュがいくつもあった。

 

話がつながりますよね。

そこまでしていたギリギリの生活。

全ては翔太のためです。

「お母さん、翔太がいなくなったら生きていけないんだからね。」というセリフに集約されているでしょう。

 

そしてドラマの最初のシーン。

美奈子による翔太の遺体確認作業。

この時に心が壊れてしまった。

現実を受け止められなかった。

その結果どうなったか。

遺体は広斗だったと記憶が作り変えられ、家には翔太の「幻覚」が登場してしまった。

家で話しかけていたのは、全てまぼろしだったわけです…。

 

遺体確認をした帰りに「みんな馬鹿ね…フフフフ…」と笑ったのは、広斗が死んでいるのに、みんな翔太だと間違っていた…と思い込んでいたので笑ったのでしょう。

あれは翔太だと言って騙してやったわ、と。

 

広斗の家へお葬式に使う「菊の花」を送ったり、公衆電話から中山広斗は殺されていると連絡したのは、美奈子としては本当のことなわけです。

美奈子の中では翔太は生きているんですからね。

最後の「自分の肩」を抱きしめているシーンは、悲しいような怖いような…。

 

つまり今回は、何にも悪くない親子が事件に巻き込まれて、大事な子供と心を失った猛烈な鬱エンドだったというお話なのです。

おぅ…。

 

今回は安達祐実の出産後、初ドラマだったそうです。

相変わらず、素晴らしい演技力でした。

 

子役時代から活躍して、第2子を出産した安達祐実。

母親になった安達祐実。

そんな彼女に今回の役をやらせたのは偶然か、それとも…。

 

今回の脚本は「徳永富彦」さん。

そう、相棒14の17話「物理学者と猫」でSFをぶち込んできたお方!

今回もやってくれましたよ!!

まさに「フェイク」でした。

 

www.otayu.com

 

「物理学者と猫」も面白い回だったので、気になる方はDVD-BOXをチェック!