おたゆ

時間はあるけど「やる気」と「お金」は無いでござる。妄想大好き。

「ENEOSでんき」は、やっぱり安かった!電力自由化で切り替えてみた

 

f:id:otayu:20160716221941j:plain

 

2016年4月から始まった電力の自由化。

以前の記事でも書きましたが、うちは「ENEOSでんき」にしました。

 

www.otayu.com

 

手続きの関係で5月スタートになってしまったので、まだ2ヶ月くらいしか使っていません。

この機会に名義変更しようと親ではなくて自分の名前で申し込んだら、名義が違うから手続きできないぞーとなってしまったのです。

 

結局、親の名前で申し込みし直して、申し込みが完了してから自分名義に変更。

ENEOSでんきは、ほぼ全ての手続がネットからできるので、名義変更や支払い方法の変更もめちゃくちゃ楽です。

はじめからこっちでやるべきでした。

 

ENEOSでんきはネットのお客さまページが充実していて、手続きはもちろん、時間帯別や日別の電気使用量も更新されています。

今、これだけ使っているんだな、エアコン使った日はやっぱり多いな、みたいに、目で見て判断できるのはわかりやすいですね。

 

f:id:otayu:20160716222004j:plain

f:id:otayu:20160716222007j:plain

 

電気代のグラフなどもあるので、長年使っていけば去年と比べてどうだったのかなどの比較も楽になりそうです。

 

肝心の電気代ですが、計算通り安くなりました!

7月支払い分は「480.50kWh」で「11387円」でした。

 

f:id:otayu:20160716222020j:plain

 

ここから毎月変わる燃料費調整額などを除くと「12449.08円」です。(基本料金+従量額)

これが東京電力のままだったら「13562.08円」だったと思われます。

 

f:id:otayu:20160716222036j:plain

 

さっそく1000円くらい安くなりましたよ!

1年なら12000円も変わってくる。

申し込んだあとは特に何もせず、デメリットも無いのに素晴らしい。

 

東京電力は2016年6月から「1kWhあたり+0.09円」値上げしました。

ENEOSでんきなどはどうするんでしょうね。

変えないでいてくれるなら、さらにお得になっちゃいますよ。

 

これも以前の記事で書きましたが、電気使用料が少ないなら「myでんき」の方がお得になります。

せっかくなのでグラフを作ってみました。

ちょっと見づらいかな。

純粋に電気料金だけのグラフで、セット割やTポイントなどは含んでいません。

 

f:id:otayu:20160716222057j:plain

 

ざっくり言うと、334kWhまでは「myでんき」が安くて、335kWh以降は「ENEOSでんき」が安いということになります。(40Aの場合)

 

東京電力とENEOSでんきを比べると454kWhでENEOSでんきの方が約1000円安くなります。

580kWhで1500円、688kWhで2000円です。

 

ENEOSでんきは、使えば使うほど東京電力との差額が増えていきます。

これからエアコンを使う機会が増えるので、ますますお得になりそうです。

やったね!

うちは電気使いすぎだね!

 

ほかと比べてもENEOSでんきは安いので乗り換え先は一番かと思いきや、実際は「東京ガス」が多いそうです。

これは東京ガスの知名度と、セールスマンの数だと言われています。

結局は電力自由化で安くなること自体を知らないと乗り換えませんからね。

普通の人はわざわざ調べないし、わかりません。

そこに知名度バツグンの東京ガスセールスマンが来て丁寧に説明されたらそっちに流れちゃいますよ。

 

この記事を検索して飛んできたり偶然読んだ人は、せっかくなので、まずは「ENEOSでんき」と「myでんきを」検討してみるといいんじゃないでしょうか。

他よりは安くなると思いますよ。

 

2017年には都市ガスの自由化が始まります。

この時、東京ガスがさらにお得なセット割を出してくるかもしれません。

都市ガスを使っている家は、それまで待ってみるのもありです。 

 

「ENEOSでんき」に申し込む

 

 

関連記事

www.otayu.com