読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたゆ

時間はあるけど「やる気」と「お金」は無いでござる。妄想大好き。

TV視聴メモ160620

 

2016/5/29(日) 23:15~0:10 関ジャム 完全燃SHOW

 

「Every Little Thing」は、ユニット名の候補に「リリック」があった。

 

「フットボールアワー」は、ユニット名の候補に「その時、彼女は言った」があった。

 

2016/6/10(金) 19:57~20:54 ダウンタウンなう

 

ロバート秋山の体モノマネ、オリジナルTシャツ。

これはTシャツの裏に顔が印刷してあり、お面がなくても体モノマネが出来るようになっている。

表には★マークが横一列に印刷してあり、ここに目線を合わせると顔の位置がズレない工夫がしてある。

 

なるほどねー。

星マークにそんな意味があったとは。

確かに、顔の位置は毎回バッチリ。

 

芸能人のスキャンダル写真。

カメラマンへ直接「その写真を出すのを止めてください、お金で解決しましょう」というのはよくある話だが、お金で解決することは、まず無い。

その事がバレたらカメラマンとしての信用が無くなり、一生この業界では仕事ができなくなるから。

それに見合うだけの金額(億単位)を積んでくれたらあるかもしれない。

 

2016/6/18(土) 14:00~14:40 東北発☆未来塾 特別編 池上彰の“ニュースを読み解くチカラ

 

池上彰は5つの大学で教授を勤めている。

 

署名記事・雑誌・本などをあとで読み返して、そのとおりになったのか確認する。

もし違っていた場合、正直に間違いを認めて、なぜ間違ったのかを分析してそれを伝えてくれる人は信頼できる。

知らん顔して、けろりと「今はこうだ」みたいな事を言い続ける人は信用できない。

 

福島で暮らしていた人の「2.2%」が震災後、県外で暮らすようになった。

イメージではもっと多いような感じがするが実際はこの数字。

 

池上彰は8つの新聞を定期購読している。

 

・毎日新聞

・朝日新聞

・読売新聞

・日本経済新聞

・中国新聞

・信濃毎日新聞

・毎日小学生新聞

・朝日小学生新聞

 

1ページ1ページしっかり見ているわけではなくて、「朝は見出しだけ読む」「夜はもう一度見返す」というのが池上流新聞の読み方。

夜、気になった記事があったらそこだけ破いて(切り取って)テーマごとに分類し、クリアファイルに保存しておく。

数ヶ月後にもう一度見返し、そこで大事だと感じた記事は改めてスクラップを作る。

その記事が出た時点では大事なニュースなのかがわからないので、新聞を寝かせる(記事が大事かどうかを時間に判断させる)のがポイント。

 

ニュースで「おそらく」と言ってはダメ。

本当のところをちゃんと取材しないといけない。

 

2016/6/19(日) 19:54~21:48 日曜ビッグ「池上彰の今、知りたいニッポンの大問題」

 

ニュースは珍しいことがニュースになる。

政治家が悪いことをしたら本来あってはならないことだからニュースにする。

本来の仕事をしているとあまりニュースにならないという部分も実はある。

 

番組独自調査

1000人に聞いた今の日本に怒っていることランキング

 

1位 税金の無駄遣い

2位 政治とカネ

3位 年金不安

4位 経済格差(収入が増えない)

5位 長時間労働(ブラック企業)

6位 子育てしづらい(保育所)

7位 米軍基地問題(沖縄基地など)

8位 原発再稼働

9位 物価が高い

10位 東アジア情勢(中国・北朝鮮問題)

 

お金がらみが多いですね。

日本でお金がらみのトラブルは致命傷になりそうです。

 

若い人は将来、年金がもらえなくなるわけではない。

現在の制度だと年金は国の税金で支えていたり企業が負担する部分もある。

自分で貯金していたほうがいいというが、貯金しても金利はほとんどない。

厚生年金は支払った額の2.3倍を受け取れる。

 

保険料負担に対する厚生年金給付額(厚労省試算)

1945年生 5.2倍

1995年生 2.3倍

  

年金の保険料を払ってない若い人は税金を納めていながら(所得税や消費税などですね)将来戻ってこない。

年金の保険料を払ってた人にそれはいくということは知っておいたほうがいい。

 

選挙の「不在者投票」を使えば、選挙期間中に登録地以外にいても滞在先の選挙管理委員会で投票ができる。

つまり、地方出身者などで地元に戻れない時でも投票できる。

 

「期日前投票」とごっちゃになりやすいですがこんな制度があったんですね。

ずっと地元にいるとわからないなー。

 

2016/6/19(日) 22:20~23:14 林先生が驚く初耳学

 

水族館のペンギンエリア。

そこで行われるプロジェクションマッピングは演出よりも健康維持が目的。

 

野生のペンギンは一生の7割を水中で過ごすが、水族館のペンギンは一生の7割を陸上で過ごす。

そのため、運動不足でメタボや病気になってしまう。

プロジェクションマッピングをすると、光を小魚と勘違いして水中を泳ぎ回って運動してくれる。

 

テレビを見ながらSNSをすると脳の機能が破壊される。

人間の脳は2つの事を同時に処理できない。

同時に処理しているように見えて秒刻みで脳の使用領域を切り替えているだけ。

 

テレビを見ながらSNSをすると長時間、脳の切り替えが頻繁に行われ、なおかつ生活の中で習慣になりやすい。

そのような生活を続けていると「コルチゾール」というストレスホルモンが増加する。

コルチゾールは記憶を司る「海馬」や思考を司る「前頭前野」などを攻撃し破壊。

その結果、情報処理能力が低下し、認知症と同じような状態になる恐れがある。

 

対処法としては睡眠で脳を休ませたり、寝る前にホットタオルなどで目を温めて、脳の披露に直結する視神経の緊張をほぐすのが効果的。

 

家でゆっくりしていると思いきや、ずっと仕事状態になっていて脳が疲れてしまうわけですね。

これはちょっと怖いなー。

 

2016/6/19(日) 23:15~0:10 関ジャム 完全燃SHOW

 

TOKIOの「リリック」は、他にも「試作曲A」「試作曲B」「試作曲C」があった。

「試作曲A」はサビがポップすぎてボツに。

「試作曲B」は東京ドライブのカップリング曲「Can we...」としてリリース。

「試作曲C」はサビが中途半端なメロディーだった。

 

完成版のサビはインパクトのある高音が多く使われ、盛り上がったメロディーになっている。