読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたゆ

時間はあるけど「やる気」と「お金」は無いでござる。妄想大好き。

笑点50年目で歌丸さんの勇退。新メンバーについて妄想してみる。

TV視聴日記

f:id:otayu:20160524231538j:plain

 

2016年05月22日

笑点歌丸ラスト大喜利スペシャル「今日で見納め!!生放送中に新司会者発表!」

 

50年間レギュラー出演していた桂歌丸さんが勇退。

(歌丸さんのためだけじゃないけど)ここ数年は舞台袖に看護師が常駐。

ディレクターとAD全員がAEDの講習を受けて救急救命のライセンスを取っている。

出演者全員が健康保険証の写しとお薬手帳を提出しているそうで。

(2016年4月15日のダウンタウンなうSPより)

 

メンバーの高齢化が進み、体調面が不安視される中での勇退。

元気(でもなさそうだけど)なうちに、後進に道を譲る素晴らしい決断ですね。

 

ラストの大喜利と新司会者発表は生放送。

新司会者発表前に、日テレの「桝太一」アナウンサーが大喜利の会場に登場。

完全に場違いで嫌な予感がするも、CMまたぎなど無駄な演出はせずに、歌丸さんからさらっと新司会者の発表。

新司会者は「春風亭昇太」に!

これは意外でもあるし納得でもある感じ。

 

若返りが出来て、10~20年は安泰。

そして、歌丸さんのように「いじられ司会者」にもなれる。

というか、56歳なのに驚いた。

まだ40代のイメージ。

笑点メンバーは見た目が若いなー。

笑いと老化防止の関係性ですかね。

 

春風亭昇太が若手主体の「BS笑点」「笑点Jr.」で司会を努めていたのは、この時のためだったのかなと。

野球で言う2軍監督みたいな。

  

気になるのは春風亭昇太の枠に入る新メンバー。

そこで、次のメンバーは誰になるのか妄想。

 

「春風亭昇太」と「林家たい平」は「BS笑点」「笑点Jr.」出身者。

そうなると、次もそこの出身者が候補になるはず。

順当に行けば「三遊亭愛楽」で、今はアシスタントとして座布団運びをしていますね。

TOKIOの後ろで紹介されていました。

アシスタントをしているということは毎回のスケジュールも大丈夫だろうし、年齢も46歳と若い。

今の三遊亭円楽(元・楽太郎)もアシスタントからの昇格組。

本命でしょう。

 

若返りを考えると40代を加入させたいはず。

そしてテレビ慣れを考えると「林家三平」もあるんじゃないかと。

45歳と若く、サポートしてくれる有名人も豊富。

TVスターだった初代「林家三平」というブランドをもっと押し上げたいはず。

元気なキャラで、番組にも合うんじゃないかな。

 

さらに若返りを考えれば、38歳の「桂枝太郎」を大抜擢する可能性も。

桂歌丸の弟子で、笑点のアシスタントもしているので関係性はある。

でも、さすがにこれは波風が立ちそう。

いつか三遊亭小遊三が勇退した時かなー。

 

新しい風として立川流からの抜擢も考えられる。

そうすると、近年はメディア出演が増えている「立川談春」が候補に。

年齢も49歳と若い。

ただ、すでに売れっ子で忙しいみたいで、笑点の収録日と自身の7月公演予定が被っているので、これは無いと。

 

ここで気になるのが「ためしてガッテン」謎のリニューアル。

そう、「立川志の輔」ですよ!

もしかすると融通がきくように収録日とかを変えてもらったのでは…と思ったけど、元から水曜日で関係ないみたいだし、笑点の収録日と自身の6月公演予定が被っているので、これも無いと。

 

「立川志らく」も6月の予定が被っている。

 

そうなると「立川生志」か「立川談笑」。

立川生志は「BS笑点」「笑点Jr.」に出演しているので、こちらのほうが可能性が高いかなと予想。

ただ、年齢はどちらも50代なので難しいか。

 

「林家木久蔵」と「三遊亭王楽」は、親が勇退した時に変わるんじゃないかと。

 

と言うわけで、こんな感じの予想になりました。

さて、どうなるか。

 

本命・三遊亭愛楽

対抗・林家三平

穴・立川生志

大穴・桂枝太郎

 

ちなみに、私は落語には詳しくない普通の人なので、完全に妄想です。

そこんところよろしく!