読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたゆ

時間はあるけど「やる気」と「お金」は無いでござる。妄想大好き。

TV視聴メモ160307

2016/3/4(金) 21:00~23:22
金曜プレミアム・消防隊だけが撮った0311彼らは「命の砦」となった

www.fujitv.co.jp

 

3月11日だけで119番通報は史上初めて1万件(1万340件)を超えた。

 

押し流された東北の消防拠点は754カ所。

225人が殉職。

犠牲者の9割がボランティア精神で消防に関わる地元の消防団員だった。

それはなぜか。

津波の被害を防ぐため真っ先に水門を閉めることが消防団員の使命。

陸前高田市水門152カ所。

消防団員は海へ向かい、水門の閉鎖に手間取った多くの団員が波にのまれた。

さらに避難誘導も消防団員の使命。

最後まで避難誘導に奔走した陸前高田市消防団。

死者・行方不明者51人。

 

火災件数は東北だけで累計222カ所。

 

史上最大規模の気仙沼津波火災。

石油基地の屋外タンク23基中22基が流出。

あふれ出た重油は水に沈まない。

油をかぶった船や街中の建物から火の手が上がる。

街中の炎は引き波で海に運ばれ、漂うがれきに燃え移り海が燃える。

それがまた、押し寄せる波で海から街中へ運ばれてくる。

東京消防庁からの応援部隊など、総勢700人を超える隊員によって、12日間で完全鎮火。

 

千葉市原コンビナートの大爆発。

火災の原因はタンクのガス漏れ検査中の地震だった。

あの日、タンクのガス漏れチェックのために水が入れられていた。

水は普段入っている液化石油ガスの2倍の重さがある。

震度5弱の地震でタンクを支える支柱が破損。

震度4の余震でガスパイプを押しつぶしながら倒壊。

パイプから大量のガスが噴き出し引火。

炎が隣接するタンクをあぶり始め、日本のコンビナートで初めて起きた「BLEVE(ブレビー)」という現象で大爆発。

ブレビーは急激に容器内の圧力が上昇し、タンクを破壊する現象。

爆発の衝撃波で118軒の窓ガラスが割れた。

震災から10日後に完全鎮火。

 

東京消防庁ハイパーレスキュー隊。

阪神・淡路大震災を教訓に1996年創設。

大規模災害等に対応する部隊。

放水のスペシャリストたち。

3月18日午前3時に139人の隊員が都内の本部に集結。

燃料棒を冷却するため、福島第一原発3号機へ向かう。

 

スーパーポンパーと呼ばれる特殊車両。

大量の水をくみ上げ離れた場所へ送水。

最大2kmのホース延長が可能。

走行しながらポンプを延ばせるため隊員の被ばく量が抑えられる。

しかし、現地では津波で流されたタンクが道をふさいでいた。

緊急会議の末、車両が通れない所は1本50m・100kgのホースを隊員が自力で延ばす手広め作戦を開始。

 

特殊災害対策車。

鉛の装甲で放射線を軽減。

周囲の放射線量を測定できる。

その車両を盾にしながら人力でホースを伸ばし、作戦開始からおよそ1時間で作業完了。

無事に3号機へ放水開始できた。

東京消防庁の被ばく限度基準(当時)を超えた隊員はいなかった。

 

東日本大震災

死者 15894人

行方不明者 2562人

(2016年2月10日警察庁まとめ)